借金返済方法

借金返済方法それぞれのメリットとデメリット

最も理想的な借金返済方法は、返済の滞り無く当初決めた期間で完済するという事でしょう。
しかし、現実的にはそうはいかなくなるケースは多々あります。

 

なんらかの理由で収入が減ってしまえば、借金をした時に立てた計画に沿って毎月返済するのは無理があります。
1つの借金の返済を別の借金でカバーしていく内に多重債務になる事も、返済を困難にさせます。

 

返済能力を超えた借金を抱えてしまった方の借金返済方法は、債務整理です。

 

債務整理にはいくつかの種類があるので、それらの解説とメリット・デメリットに触れていきます。

 

任意整理

 

利息制限法をもとに引き直し計算を行い借金を減額。
減額した借金を3年〜5年で分割返済する。

 

  • メリット

利息・遅延損害金の支払い義務が消失

 

対象とする借金を選べるので、一部の金融業者への借金やローンはそのまま残すといった臨機応変な対応が可能

 

  • デメリット

他の債務整理に比べると減額が少ない

 

7年程度、新たな借金やローン、クレジットカードの利用ができなくなる

民事再生

 

住宅ローン以外の借金を大幅に減額した後、原則3年で返済していく。

 

  • メリット

利息・遅延損害金の支払い義務の消失

 

500万円以上1500万円以下の借金が20% 3000万円以上5000万円以下の借金が10% というように、任意整理に比べて減額される金額が多い

 

ローン返済中の住宅を手放さずに済む

 

  • デメリット

住宅ローン以外の借金は全て債務整理の対象としなければならない

 

7年程度、新たな借金やローン、クレジットカードの利用ができなくなる

 

返済の遅延により業者が訴える事により民事再生以前の借金状態に戻ってしまう事がある

自己破産

 

今後の返済が不可能である事を裁判所に認めてもらい、借金を帳消しにする。

 

  • メリット

借金が帳消しとなる

 

  • デメリット

20万円以上の現在価値のある財産 99万円以上の現金 を処分する必要がある

 

10年程度、新たな借金やローン、クレジットカードの利用ができなくなる

 

任意整理 民事再生 自己破産の順にメリットと共にデメリットも大きい借金返済方法となります。

 

借金や月々の返済額がある程度まで減れば借金が返せる方は任意整理
失業しているなどの理由で、減額しても返済が難しいという方は自己破産

 

といったように、自分の置かれた状況に応じて、最も適した借金返済方法を選びます。

 

過払い金返還

 

借金の利息の上限は、利息制限法によって定められています。
しかし数年前までは利息制限法の上限をはるかに上回る、出資法による利息を受け取る事が半ば合法となっていました。

 

利息制限法にのっとって過去の返済歴をチェックすると、支払うべきではなかった利息(過払い金)を支払っていた事が解る事があります。

 

過払い金を取り戻し、元金の返済に充てれば借金減額となります。

 

そのため過払い金返還を行うのも、借金返済方法の1つです。

 

任意整理は特に過払い金返還が重要な債務整理です。

 

紹介したいずれの借金返済方法も、デメリットを補って余りある大きなメリットがあります。

 

最適な借金返済方法を選び、借金問題をリセットする事こそが新しい生活の始まりです。

借金返済方法の解決例

任意整理 民事再生 自己破産 はどのような有効性を持つ借金解決方法なのかを知るには、解決例に目を通すと解りやすいです。

 

任意整理の解決例

 

計4社から借入をしているCさん。
借金総額は250万円を超え、毎月の返済額は13万円。
Cさんの月収は25万円程で、生活費を限界まで切り詰めても返済が出来ない状況に陥ってしまいました。

 

引き直し計算をした所、取引の古い2社に対して多額の過払い金がある事が発覚。

 

過払い金を返還し元金返済に充てて借金をは88万円に減額にし、毎月の返済額が4万円という余裕のある返済計画に立て直す事に成功しました。

 

民事再生の解決例

 

5社からの借入と住宅ローンを返済しているAさん。
ローンを含まない借金だけでも総額1700万円となり、毎月の返済額は20万円を超えてしまいました。

 

引き直し計算の結果、ある程度借金が減額しても返済は難しいという事もあり、民事再生を選択。
借金を300万円に減額し、毎月の返済額は住宅ローンも含んで10万円にまで抑える事に成功しました。

 

自己破産の解決例

 

事業に失敗し、600万円超の借金を抱えてしまったGさん。
任意整理 民事再生いずれの借金解決方法でも生活の再スタートは無理な状況なため、自己破産を選択。

 

全ての借金を帳消しし、支払い義務から解放され、人生の再スタートを切る事に成功しました。

 

それぞれの借金解決方法で、どのように状況が好転するかの具体的なイメージが掴めたのではないでしょうか。

 

鋭い方はお気づきになられたと思いますが、自己破産を選んだGさんより、民事再生を選んだFさんの方が借金総額は多いですよね。
どの借金解決方法を選ぶかは、必ずしも借金総額で決まる訳ではないのです。

 

借金総額や返済能力など、様々な要素を考慮しながら、その人にとって最良となる借金解決方法を選ぶのです。

 

方法選びは専門家に任せると、誤りがありません。

借金解決のための役立ちツール

色々と借金解決方法について解説してきましたが、最適な方法を選び、そして成功させるためには借金問題に強い優秀な専門家に頼る事が大切です。

 

借金解決ツールでは、そんな優秀な専門家所属の司法書士事務所や弁護士事務所に対し、オンラインの無料相談が行えるツールです。

 

借金解決ツールの利用はコチラです